2011年12月08日

初心者のための囲碁の楽しみ方



スポンサード リンク


囲碁ガールももちろんですが、
囲碁の初心者にとっては、そもそも囲碁の楽しみ方がわかりません。
何を楽しめばよいのかがわからないので、
始めたはよいけど、すぐにやめてしまうことになります。

しかし、裏を返せば、楽しみ方さえわかってしまえば、
囲碁を趣味として続けることができるようになります。
ということで、初心者にとっての「囲碁の楽しみ方」を
今回はお伝えすることにします。


【初心者のための囲碁の楽しみ方】

1.「人との交流を楽しむ」

囲碁を始めたといっても、最初はルールすら
理解できていない人がほとんどではないでしょうか。
そうであれば、まずは囲碁の初心者同士が
交流できる場所に赴き(初心者教室とかベスト)、
人との交流から楽しみを見出していけばよいでしょう。

幸い、今は囲碁ガールという囲碁をたしなむ女性も増えていますし、
それに引っ張られるように囲碁を始める男性も増えています。
一つの出会いのきっかけとして、囲碁を始めることは、
何ら恥ずかしいことではないと思います。

まずは、勇気を出して初心者の輪の中に飛び込んでいきましょう。
一人でやっていても、まず続きませんから。


2.「上達(成長)を楽しむ」

初心者同士の交流を楽しみながら、だんだん囲碁に親しんでいくと、
自然とルールも理解することができるようになります。
ルールが理解できれば、
「こう打てばいいんじゃないか?」
「あそこで、あぁ打っておけばよかった。」
など、自分なりに打ち方を考えるようになるはずです。

そうなればしめたものですね。
上達(成長)のレールに乗っています。
対人でもかまいませんし、
コンピュータ相手でもかまいませんし、
何度も囲碁を実際に打ってみることで、
自分が上達しているのを感じることができます。
これが楽しいんですよね!

初心者同士で切磋琢磨しながら、
上達していくとさらにその上達は加速します。


3.「勝負を楽しむ」

それなりに成長してくると、相手との勝負を楽しむことができます。
相手の打ち方も勉強になるでしょうし、
強い相手にこてんぱんに倒されても楽しいはずです。
打つ一局一局を楽しむことができるようになれば、
囲碁はあなたにとっての趣味になっているはずです。

勝っても、負けても、勝負を楽しむことができれば、
ずっと継続的に囲碁の魅力を感じることができます。
本当は気持ち良く勝ちたいですけどね(笑)。



サザエさんに登場する波平さんと伊佐坂先生が囲碁を打っていますが、
あれも1〜3の全てを満たしているからでしょう。
早くあのレベルに到達したいものです。





スポンサード リンク

posted by ティラーレ at 07:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁の基本と魅力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FXデイトレ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。